本キライな子が感想文入賞!!

2019年夏に、すごい!読書感想文教室に

参加してくださった小学生の男の子。

「本を読むのキライ!書くのなんてもっとキライ!」

だったんです。

 

れが、3時間の読書感想文教室で

「ふふっ、書けちゃう♪」

ってなって、自分の言葉でとっても素敵な感想文を書いてくれました。

 

これだけでもとっても嬉しかったのに、

さらに、なんと学年代表に選ばれ、市のコンクールに応募することに!

そして、なんとなんと、入賞したんです!!

 

「本キライ!書くのなんてもっとキライ!」って言ってた子が、ですよ!!

すごくないですか!?

 

 

さらに、びっくりしたのはその先!

「入賞おめでとう!賞状すごいね!」の言葉に対し、

彼は

「賞状はただの紙。

本当に大切なのは書こうと思った自分の気持ちだよ。」

 

って答えたんです!

もう、これもホントに、私の心が震える言葉!

 

そうだよね。

何よりも大事なのは彼の自分自身の気持ち。

自分の気持ちを自分の言葉で書けることの素晴らしさ。

それが子どもの頃からカンタンにできるって本当にいいな。

 

自分の考えを表現することの楽しさ、

それを手にして大人になっていけるってなんて素敵なんだろう。

 

その後、

日常的にも、毎週出される日記の宿題がスラスラ書けるようになっちゃって

「僕って日記の天才じゃない?」って言葉が飛び出したりと

お母様もその変化にビックリされています!

 

こんなことが起こるのって、

実はカンタンだったんです。

 

大事なことは 原稿用紙に向かう前。

原稿用紙に向かう前に、ノートを一枚書くことだったんです。

 

そんなカンタンに読書感想文が書けてしまう、

方眼ノートスタイルの

すごい!読書感想文教室、

2020年も開催しますよ!

 

2020年度、「考える」教育改革。

お子さんに、自分で考えて自分の言葉で表現できる

カンタンな方法を手渡してあげませんか?

 

教育改革って、与えられるものではなく、

それって手元のノートから始められるもの、

かもしれません。

 

2020、すごい!読書感想文教室、

詳細は近日発表です!

 

ホント、私が子どもに戻って受けたい講座です!!!

子どもの頃の自分に手渡すような気持ちで

大事にお子さんにお手渡しさせていただきますね!

Related Entry

読書感想文がラクになった♪

僕って日記の天才じゃない!?

ぶっちゃけ、宿題片付けるよりも手渡したいのは一生モノの.....

すごい!読書感想文教室開催!

読書感想文にお困りではないですか?