消費税増税!我が家の住宅購入のタイミングはどうする? Chat9月号

 

フリーマガジンChat9月号にマネー記事が掲載されました。

ご許可を頂いていますのでご紹介しますね。

 

消費税増税!我が家の住宅購入のタイミングはどうする❓

 

 

「いつかは家を買いたいと思いつつ時間が過ぎてしまい、来年消費税が増税になるということで焦っています。早くした方がいいのかな?」と子育てママからの相談です。

 

消費税は2019年10月1日に増税され、現行の8%から10%になる予定です。

住宅購入にはどのような影響があるのでしょうか?

 

10%になるタイミング

2019年10月1日以降に引き渡しとなる住宅には消費税10%が適用されます。ただし、注文住宅は2019年3月31日までに工事請負契約すれば引き渡しが2019年10月1日以降になっても消費税8%が適用される経過措置が取られます。

 

消費税がかかるもの・かからないもの

住宅の購入に関して、消費税がかかるものとかからないものがあります。

(1)消費税がかかるもの

建物の価格(建築工事費・設計料など)、購入時にかかる諸費用(仲介手数料、ローン借り入れ費用の一部、登記費用のうち司法書士報酬など)

(2)消費税がかからないもの

土地代、各種保険料、売主が個人の中古住宅(売主が課税業者でない場合)、マンション管理費など

 

費用は10%になったらどれだけ増える?

例えば2,000万円の価格の建物であれば消費税分は

8% 2,000万円×8%=160万円

10% 2,000万円×10%=200万円

となり、増税によって費用が40万円多くかかることになります。

 

その他、諸費用(目安は新築マンションで物件価格の3%~5%、中古マンション・新築・中古の一戸建てで物件価格の6%~13%)についても費用が増えることになります。どういった住宅を買いたいかによっても消費税の影響が変わってくるので、業者さんによく確認してみましょう。

 

消費税増税に伴う費用増を軽減する制度

消費税増税に伴う費用増を軽減する目的の制度があります。

「住宅ローン控除」住宅ローンを利用して住宅を購入した場合で一定の条件に当てはまる場合、各年末ローン残高の1%が10年にわたり所得税から控除される制度です。

「すまい給付金」一定以下の収入の人が、消費税率8%時は最大30万円、10%時は最大50万円が受け取れる制度です。

 

 

我が家の住宅購入のタイミングは?

住宅の購入は教育費・老後費用と並んで人生の3大支出と言われています。

早く住宅を購入したい人にとっては増税前であったり、金利が低い今は良いタイミングと言えそうです。一方で、家族のいろんな事情などで決めきれない人もいるでしょう。

増税のタイミングやそれに伴う制度を知った上で、我が家の資金計画を立て、我が家にとっての良いタイミングでの購入を考えたいものですね。

 

 

 

Chatは岐阜県内多治見市可児市を中心に、

バロー、ゲンキー、アピタなどで配架されています。

ラック設置店一覧

 

遠方にお住まいの方は

Chat Web Magazineをご覧くださいね!

 

 

 

Related Entry

「楽しいお金の貯め方」 Chat6月号

老後資金を貯めるためにおトクな制度、確定拠出年金(iDeCo...

お年玉管理のポイントとは? Chat1月号

「教育費の貯め方」 Chat 5月号

災害に備えるためのお金も「いつ、いくら」で考えよう!-Cha...

「マネープラン」 Chat4月号