教育費いくら貯めるか、の前に実は大事なたった1つのこと

「お金の哲学を聞きたいと思って来ました」

という参加者の方の自己紹介から始まりました、

岐阜県可児市のおやこカフェ「Hocco」さん主催の

オンライン講座。

 

happyな未来にしか行かない!教育費とお金の貯め方のセミナー」

の講師を務めさせていただきました。

 

ご感想をいただきました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座参加前は

我慢している現状に不満があり、

モヤモヤしていました。

 

講座中はとにかくずーーーっと楽しかった!

 

講座後は

今この瞬間にお金が増えたわけじゃないけど

今の状況がイヤじゃなくなりました!

 

今後

「こうすればいい」ってわかり

スッキリしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主催のHoccoの神前めぐみさんからも

嬉しいお言葉をいただきました。

 

実は講座の中で

参加者の方がとても貴重なシェアを出してくださいました。

 

「子どもの大学資金にこれだけ用意しているけど、

これでいいのかな?

進路によっては足りないかも・・・」

 

そこから展開した教育費の考え方の大事なこと。

 

実はいくら貯めるか、の前に

大事なことがあるんです。

 

「進路によって」

これほんと、教育費ってこれによって

だいぶ違います。

 

大学進学するにしても

国公立に行くか、

私立大学に行くか、

私立でも歯科、薬学、医学

によっても大きく違って来ます。

 

今、まだお子さんが小さくていらっしゃったら

本当にどんな進路を選択されるか、

まだわからないですよね。

 

どこまでの予算を考えておくか、

潤沢に用意できればそりゃいいけど、

日々の生活・楽しみ、老後の費用などもあるから

バランスって大事ですよね。

 

実は、いくら用意するか、

ということも大事なんですが、

その前にもっと大事なことがあるんです。

 

それは

「子どもがどんな進路を選んでもOKにしておく」

ということ。

 

「え、そのために

いくら用意したらいいの?

って話じゃないの?」

って思いますか?

 

そうですよね。

 

でも実は、

これって金額の話じゃなかったりするんです。

 

で、これがあったら

話はとてもカンタンになるんです。

 

だから、

親としてぜひこれを手にしてもらえたら

嬉しいなって思うんです。

 

そんな

「子どもがどんな進路を選んでもOKにしておく」

ための

金額でない3つのポイント、

927日配信の無料メルマガに書きました。

 

ご興味のある方は

良かったらご登録してみてくださいね。



無料メルマガ ご登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *

 

 

 

Related Entry

教育費を一括でもらう! 金融機関の選び方

岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センターでのマネー講座 &...

教育費を一括でもらう!小・中学校での使い道

理想の形じゃないとやる意味はないのか?

相談風景

教育費の大枠を知る意味 大分県、東京都品川区のママさんからの...

自分が幸せになるお金について学べる講座