ぶっちゃけ、宿題片付けるよりも手渡したいのは一生モノの… 

<2019 すごい!読書感想文教室>

「ハァ~読書感想文かぁ。。。」

って親子でため息ついていませんか?

それが

子:「書くって楽しい♪

感想文また書きたいから本借りたよ!」

母:「ウチの子、なかなかやるやん^^」

になったら良くないですか?

じつはカンタンなんです。

 

大事なことは

イキナリ原稿用紙に向かわないこと。

 

その前に、

感想文がスラスラ書ける元になる

マジックシートを一枚書くんです。

 

そのマジックシートがあれば

ポッと心に灯ったあかりを基に

スラスラ自分の想いが出てきて

トントン拍子に楽しく書けちゃうんです!

じつは方眼ノートのスタイルで書けるんです♪

 

実際に身内の小学生と一緒にやってみたらね

「感想文なんて書きたくなーい」

と言っていた男の子が

時間内に

「ふふっ。言葉が出てきちゃう」

ってなって、

本当にとっても素敵な

感想文を書き上げちゃったのです!

しかも、楽しく!

 

さらに後日

「また感想文書きたい」と言って

別の本を図書館で借りてきたという!!

注:元々は本嫌い、書くの嫌いな男の子です。

 

その子のママも

「ウチの子、意外とやるんやね~♪」

とニコニコに!

 

<2019すごい!読書感想文教室>

もちろん夏休みの宿題を片付けてほしい。

でもね、ぶっちゃけ私にとって

それって小さな目標でしかないです。

 

本当に手渡したいものは一生モノの

「書くって楽しい♪」っていう感覚。

 

「書く」って一生ついて回ることだから。

子どものうちに「書く」に苦手意識持って

大人になってから、

それが得意になれる人ってなかなか…だから。

 

だから子どものうちから「書くって楽しい♪」

っていう感覚を手渡したい!

 

誰に手渡したいって本当は1番手渡したいのは

子どものころの自分に、だよね!!!

「自分は書けない」と思って、今まで

どれほど歯がゆく悔しい思いをしてきたことか。

 

幸運にも私は方眼ノートによって

「書くって楽しい!」に巡り会えたんですけどね。

 

そんな私が開催する読書感想文教室。

ぜひぜひ書くのが嫌いな子にこそ来てほしい!

 

「ウチの子、書けるんや。いいやん!」って

我が子に〇をつけたい親御さんに来て頂きたい!

 

ピンと来た方はこのチャンスぜひ掴んでくださいね!

一生モノのお宝、全力で手渡します!!!

 

◯日程

・8月14日(水)9:00-12:00 @加茂野交流センターあまちの森(岐阜県美濃加茂市加茂野町今泉1546-4)

・8月21日(水)9:30-12:30 @関市桜ケ丘ふれあいセンター(関市鋳物師屋5丁目2番30号)

・8月27日(火)9:00-12:00  @加茂野交流センターあまちの森(岐阜県美濃加茂市加茂野町今泉1546-4)

 

5200名の子供支援&お金の専門家

幼小中高4教員資格/元教育行政勤務

<認定>方眼ノートトレーナー

ただくま みほ

 

全国の方眼ノートトレーナーによるサイトはこちら

★★2019夏「すごい!読書感想文教室」全国ページ リンク★★

Related Entry

すごい!読書感想文教室開催!

読書感想文がラクになった♪

読書感想文にお困りではないですか?