蜂に刺されて薬がない時でも慌てずにすむ方法は?

蜂に刺された!

でも薬がない!

なんて状況に陥っちゃったんですよ!

つい先日あったこと、情報シェアです。

 

家族が畑で蜂に刺されて緊急帰宅!

 

「すわ!」と、うちでは蜂に刺されたらまずポイズンリムーバー。

注射器みたいな形の道具で毒を吸い出します。

うちで使っているのはエクストラクターという商品名のポイズンリムーバー。

 

刺された場所に応じて患部に使うパーツにサイズがあるし、

片手で操作できるところが緊急時にも使いやすいメリットです。

 

 

次に、「さあ薬を塗ろう」としたら救急箱に薬がない!!

紙箱の空箱があるばかり・・・

 

「誰だ!薬を戻していないのは!!」と言いたくなるところ、

キレても仕方ないので、グッと言葉を飲み込み

「こりゃ仕方ないね。ちょっと葉っぱ取ってくる」と裏庭へ。

 

元気なドクダミの葉を一枚を取ってきました。

(これは以前チンキを作るために取った時の写真。こんなにたくさん取らなくていいです。)

 

これをササッと水洗いして拭いたら

丸めてくちゅくちゅ揉んで小さくします。

ドクダミの汁が出てくるくらいに。

それをそのまま患部に当てるように絆創膏を貼って終了です。

 

これで痛みも腫れも引きますよ~。

家族からも「楽になった~」とのお言葉でした。

 

ドクダミがなかったらユキノシタでもいけますよ。

 

薬がなくてもこんな対処法がある、という情報シェアでした。

ポイズンリムーバーはイザという時頼りになるので

アウトドアで活動される方は持っておかれるのオススメです。

 

 

 

 

Related Entry

自己肯定感アップの方法

エンディングノート

いつか死がくるから

相談風景

家計個別相談ではどんなことが相談できるのか?

かさこ塾3日目 愛ある名刺ダメ出し会!!

プロフィール写真

はじめまして

「駅から徒歩○分」は誰が歩いて計った数字なの?