じゃあ年金いくらもらえるの?ねんきん定期便の見方②(50歳未満の方向け)

      2018/07/09

昨日の記事はねんきん定期便の「加入実績に応じた年金額(年額)」を見て少ないって思わなくて大丈夫ですよ!というお話でした。(50歳未満の方)

「加入実績に応じた年金額」は、現段階で確実にもらえる金額ということであり、この金額しかもらえない、ということではないのです。

今から60歳まで収める保険料は計算に入っていないので、本当にもらえそうな金額よりずいぶん少なくしか書かれていません。

 

 

『でも実際にいくらあるのかわからないんじゃ老後資金も考えられないじゃん。それじゃあ教育費も考えにくいよ!』ということになりますよね。

そこで、ねんきん定期便の活用方法です!

 

「加入実績に応じた年金額」の面を裏返すとこのような様式になっています。

画像は日本年金機構のHPからお借りしました。

赤い枠の欄をご覧ください。「お客様のアクセスキー」とあります。

 

 

このアクセスキーとお手持ちの年金手帳の基礎年金番号を使って簡単にねんきんネットに登録できます。登録画面はこんな感じです。

ねんきんネットに登録しログインすると、現在の働き方を60歳まで続けた場合の年金見込み額を試算できます。それ以外にも今後働き方が変わった場合等、条件を変えてシミュレーションすることができます。

こちらの概算を使えば老後資金を検討する時の材料にすることができますね。

 

ねんきんネットはねんきん定期便がお手元に届いていない方でも登録することができます。基礎年金番号等を入力して登録すると「ユーザーID」が郵送されてきて、そのハガキに書かれているIDとパスワードを使ってねんきんネットにログインができるようになります。

 

 

ねんきんネットに登録すると、平成30年度から順次電子版のねんきん定期便に切り替えられ、ねんきんネットで自分で確認する方式となり、郵送のねん きん定期便は送られてこなくなるようです。地球環境のためにも経費の観点からもこのような取り組みがなされるのですね。郵送のねんきん定期便をずっと届け てほしい方はちょっと注意されてくださいね。

 

 

ねんきん定期便は50歳未満の方にとってはよくわからずに「加入実績に応じた年金額(年額)」だけを見てしまうとガックリきてしまうかもしれませんが、ねんきんネットに登録することでもう少しリアルな数字をつかむことができます。

老後資金を検討される時の参考にされてくださいね。

 

少しでもお役に立てたら幸いです。

 - 老後資金