子どもによる子育て論:子どもが泣いたら?

子どもによる子育て論。

今日は小学校1年生の男性(うちの息子!笑)

をお迎えしています。

 

子「子どもが泣いたらね、大人って

『どうしたの?』とか『大丈夫?』って言うでしょ?

あれ、違うんやて。」

 

母「え!そうなの!?」

 

子「そうそう。ぼく、聞いてきたんやけどさ、

そもそも、『どうしたの』とか『大丈夫?』とか

言われても、どーしよーもないんやて!」

 

母「そ、そうなんだ(笑)」

 

子「本当はどうしたらいいと思う?」

 

母「わ、わからない!教えて!」

 

子「いいよ。本当はね・・・

本当は、ポイントカードとかを持ってくるといいんやて」

 

母「え、ポイントカード?

  ポイントカード持ってきてどうするの?」

 

子「ポイントカードがあったらさ、

例えば、肩たたきとかしてくれるんやて。」

 

母「え、誰が誰の肩たたきをしてくれるの?」

 

子「ぼくがママの肩たたきとかしてあげるの」

 

母「え!そうなの!?それめちゃいいやん!

それしてほしい!」

 

子「いいよ(ニコ)」

 

母「わーい、じゃあ今度の時までにポイントカード作っておくね!」

 

 

と前日に話していたのに、

まだ作っていなかった!

 

よって翌日の夕方やってきたチャンス(子どもギャン泣き)

に「ふつう」の対応をしてしまった(笑)

 

そういえばポイントカードを出したら

肩たたきしてもらえる、という話だったということを

夕食どきになって思い出した!

 

これを話題に出し、

「でもなんでポイントカードが出てきたらいいんだっけ?」

と聞いてみると・・・

 

子「忘れた!」

と!!(笑)

 

ま、次回以降のために、

さっそく、ポイントカード(肩たたき券)

を作りましたとさ。

(でもこれ、泣いている時に出したら、

きっともっと泣かれると思うんだけどな・・・)

 

今日もリアルとファンタジーを行ったり来たりしている

子どもタイムなのでした。

 

ーーー

こんな、「ナンノコッチャ」な会話を繰り広げている

私たち親子なのですが、

 

実はこの中に、ある大事な「たった一つのこと」

が入っているんです。

 

この「たった一つのこと」とは

子どもが

「自分で成績も人生も変えていけるたった一つのこと」

なんです。

 

これが見えているので、

こんな「ナンノコッチャ」な会話はもちろん、

日々いろんなドラマがあるのですが、

それも「まあ大丈夫だな」と思って見ていられるんです。

 

そんな、子どもが

「自分で成績も人生も変えていけるたった一つのこと」

方眼ノートfor KIDS体験説明会にて手渡しています。

体験説明会は、初級講座受講前にお母様のみご参加必須となっています。

 

方眼ノートfor KIDS初級講座は

小学3年生以上のお子さんとお母様がご参加いただけます。

現在、新小3以上のお子さんのお母様の

体験説明会へのご参加を募集しています。

 

この春、お子さんと一緒に

「自分で成績も人生も変えていけるたった一つのこと」

を手にされたい方は

良かったら下記ボタンからリンク先をご覧ください。

◯方眼ノートfor KIDS講座

「自分で成績も人生も変えられる、たった1つのこと」

<体験説明会>初級講座ご参加前に参加必須

*参加対象:お母様のみ

方眼ノート1Dayベーシック講座

お子さんが小3になる前なら

ママが方眼ノート書く方が簡単♪

〜ママの7つのお悩みサクッと解決ノート〜

https://miraclenote.hp.peraichi.com/mihougann

 

 

☆方眼ノートトレーナー養成講座

ママが方眼ノートトレーナーなら

いつでも「教えない教育」の土台で

子どもと関われる!

 

520日(土)&21日(日)

or

523日(火)&24日(水)

<<<日程調整中>>>

 

*詳しくはメルマガにてご案内中

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

小さな無限の可能性をときはなつ

   ただくま みほ

メルマガ登録(無料)

https://55auto.biz/0909life/touroku/wakuwaku.htm

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

Related Entry

絶叫eye

子どもにキレたくない時の奥の手

SL好きな子連れ必見!超人気列車SL北びわこ号【乗り方のコツ...

雪は自ら降らせる!

発表会がイヤだから保育園に行きたくない・・・涙

かさこさん

かさこ塾の魅力とは何か?

【東京品川】ママのための「世界でひとつのmy style m...