読書感想文にお困りではないですか?

夏休み後半。

読書感想文に

「どこをどう書いたらいいの~」

と親子でお困りじゃないですか?

 

それが意外とサクッと書けてしまい

「読書感想文、書くの楽しかった♪」

ってお子さんが言えたら。

 

これって良くないですか?

じつはカンタンなんです。
大事なことは いきなり原稿用紙に向かわないこと。

その前にある紙を一枚書くことなんです。

 

ある紙とは?

方眼ノートスタイルで作られた特別なマジックシートです。

 

それを一枚書いてから原稿用紙に向かうと、、、

 

ポッと心に灯ったあかりを基に

スラスラ自分の想いが出てきて

トントン拍子に楽しく書けちゃう

 

なんてことが起こります!

 

 

実際にこれを使って書いた小学生のお子さんが

「書くのなんて嫌いだったのに。

楽しかった♪また書きたい!」と言ってくれました!

 

 

この特別なノート、こんなところでも使われています。

最近、TVでもよく取り上げられている東京都千代田区立麹町中学校。

2020年の教育改革を独自に前倒しして始めていて、

文科省大臣も視察に訪れるほど。

 

その麹町中学校が教育改革で取り入れて

全校生徒が全授業で使っているのが方眼ノート。

 

ベストセラー「頭の良い人はなぜ方眼ノートを使うのか」

の著者 高橋政史先生が開発された方眼ノートです。

 

この方眼ノートスタイルのマジックシートを使って、

読書感想文がお子さんの言葉で楽しく書けてしまうのが

今回ご案内している「すごい!読書感想文教室」です。

 

 

自分の考えを自分の言葉で表現できることは

これからの時代に必須ですよね!

そのための教育改革です。

 

実は読書感想文はその力をつける絶好のチャンス!

実はお子さんは自分の思いは溢れるほど持っていらっしゃいます。

それをどう引き出して、文章という形にするか。

マジックシートでやり方を知ってしまえばカンタンです♪

 

 

この夏、ただ宿題を片づけるだけでなく

一生ものの力を育むこと。

そのためのカンタンな方法を

お子さんに手渡してあげませんか?

 

 

自分の考えを自分の言葉で表現する楽しさ、

伝わるということの手ごたえ

ぜひ子どもの頃に知ってほしいな。

 

読書感想文、嫌いな子にこそ

来てほしい!とお待ちしています!

●日程

・8月21日(水)9:30-12:30 @関市桜ケ丘ふれあいセンター
(関市鋳物師屋5丁目2番30号)

・8月27日(火)9:00-12:00  @加茂野交流センターあまちの森
(岐阜県美濃加茂市加茂野町今泉1546-4)

●参加費用

親子(大人1人+子ども1人)通常価格21,000→特別割引9800円(税込)

お子様の参加者追加 1名ごとに +3,000円(税込)

 

 

また、全国の方眼ノートトレーナーが各地で開催していますので

こちらのページからあなたの街のトレーナーをチェックしてみてくださいね!

★★2019夏「すごい!読書感想文教室」全国ページ リンク★★

 

Related Entry

読書感想文がラクになった♪

すごい!読書感想文教室開催!

僕って日記の天才じゃない!?

ぶっちゃけ、宿題片付けるよりも手渡したいのは一生モノの.....