自分の価値を下げる必要はなかったんだ

【自分の価値を下げる必要なかったんだ】

「 み ほ の ば か 」

私は同級生の男の子の手に隠し持たれていた

クシャクシャのメモの中身を見て凍りついた。

 

小学校1年生の時のことだ。

私は朝日新聞の「小さな目」欄で掲載された自分の詩が、

その年の最優秀賞になるという経験をした。

たまたま、学校であった出来事を帰って母に話したら、

「それおもしろい!」となり、喋ったそのままを書き出して応募しただけのもの。

詩とか作品というほど苦労して生み出したものではないけれど。

 

担任の先生が休まれた日に、校長先生が代わりに来てくれて、

1年生の私たちを校長室に連れて行ってくれた。

そこでみんなで遊んだことを書いたものだった。

 

担任の先生が国語の先生であったこともあって、

最初に新聞に掲載された時もクラスでとても喜んでくださった。

 

その後、

月間賞獲得、

上半期賞獲得、

と掲載されるその度にクラスで話題にしてくださり、喜んでくださった。

 

そしてとうとうまさかの年間最優秀賞を頂ける事に。

 

受賞にあたり、「ぜひその校長室で」ということなのかわからないけど、

記者の方が学校に訪ねてこられて、校長室で取材を受けることになった。

 

みんなは授業を受けている最中に。

担任の先生も校長先生も喜んでくれて、

クラスでも「おめでとう」を言ってもらえて、

ホクホクの帰り道、それは起きた。

 

集団下校の最中、二人の男子の様子がなんだか変だ。

私の方を見てクスクス笑って、何かを手に持って隠している。

どうにも気持ち悪い空気があった。

 

「何?」

「何持っとるの?」

「見せてよ!」

 

何度かやりとりをして、その手の中身を見ることになった。

そして、凍りついた。。。

 

その時に彼らが言った言葉はもう具体的には覚えていないけれど

「 み ほ の ば か 」

と書かれたクシャクシャのメモだけはクッキリと私の脳裏に焼き付いている。

 

それが起きた場所も。

道路に落ちる、その日の強い日差しと通学路脇の家の屋根の影。

その境で向き合っていたことも。

 

まぁ、同じクラスの一員なのに、私だけチヤホヤされて、

みんなは教室で授業を受けているのに、

私だけ、あの日の校長室に通されて取材って、、、

同級生として複雑な気持ちがあったかも。

もしかしたら私の態度が何か気に触ることがあったかもしれない。

 

もう細かいことまでは覚えていない。

ただ、私の記憶にはこう書かれた。


「賞のこと、家族も先生もクラスの中で喜んでくれた子もいたのに、

全部台無しになっちゃった」

「目立ったからあかんかったんや」

「私が賞を取ったりしたらこんな風に嫌なことになるんや」って。

 

この出来事はこれはこれで終わってきていたはずだった。

別にその後何といってその男子達とあったわけでもないし。

このことがトラウマになって・・・とか特にあったわけでもないし。

私にとっては終わったはずのことだった。

 

でも、昨日の朝、ベットの中で目が覚めた時に、

ふっとこの出来事が立ち上がってきて、

涙がツツーっと流れた。

 

あぁ、あんな風に書かれて悲しかったな。

別にあの子達に何かしたわけでもないのにな。

 

それと同時に何だか、ふーっと力が抜けて身体がほわーっとあったかいような感じになってきた。

 

あー、みほちゃん、それ解釈おかしなことになってるよねー。って。

その解釈、それ本当にそれで良かった?違うよね?って。

そんな風に思う必要なかったはずだよね。って。

 

今ならわかるけどね。

 

でも当時の私にとっては自分も周りも喜んでくれる最高に嬉しい結果のはずが

そんな風に結びついちゃって、混乱していたのかも。

自分の価値を下げることで、辻褄を合わせるような、

そんな感覚だったかもしれない。

 

今なら言ってあげられるよね。

「自分の価値を下げる必要なんてないよ」って。

 

なんだか、過去の感情がゆるゆるほどけて解放されていった、

そんな朝だったのでした。

 

で、こんな感じのことが二日続けて起こり、

ある事に思い当たったんです。

 

それは最近始めた、あのことに関係がありそうだ、って。

めちゃくちゃ不思議で、それが直接、、、、かどうか

確証はないんだけど、

もう、無意識がピンと来ている感じ。

 

同じようなことが起こっている人も私以外に2人もいるんです。

なんか、「出ちゃう」って言ってます。

涙とか、過去の感情とか。

そして解放されていく。

 

あること、というのは

10分で紙に書き出すあるやり方を始めたんです。

4月から始まった、10min FOCUS Mapping オンライン講座 初級の

書き方なんですけどね。

3人ともこれをしています。

 

でも、これを書いたら直後にこうなる、ってなってるわけじゃないんです。

この書き方はただただ、その日にやりたいこととか、アイディアとか、

まあいろいろ好きに書いたらいいんです。

で、とにかくその習慣がなーーーんか関係している気がする!!!

本当にこれ、ただの直感です。

 

でもなんか、私的には

安全に自分の無意識にアクセスして◯をつけてる、って感じてます。

 

なので、ふとした時に、「もういいよ」って感じて

意図していないことにまで◯がついてる。

そんな風に思います。

 

ま、仮説ですけどね。

 

因果関係はともかく、これを書いている3人の事実としてはこんなことも起きている

10min FOCUS Mapping オンライン講座 初級編

ご興味のある方はこちらのページをご覧になってみてもいいかもしれません。

http://wakuwakulifesupport.com/focus-mapping-初級講座/

 

Related Entry

ちゃんと子育てできてないと思った

子育てとオンライン講師にカンタンになることの共通点とは?

わっしょいピッピの幸せ

10min FOCUS Mapping オンライン講座 <初...

10分で本当にできる事にびっくりしました

10min FOCUS Mapping オンライン講座【初級...