泣き顔の子どもが笑顔になった!

今日は、大事なある方に向けて書いています。

子どものことを心から大切に想う、あなたに届きますように。

☆☆☆

帰宅した子どもが

「お母さ〜ん、今日こんなことがあって…」

と泣き顔で訴えてお困りではありませんか。

 

それが

「このことはOK!」

って笑顔になってくれたら。

 

それって嬉しいですよね!

 

大事な我が子。

昼間、離れている間に起きるいろいろな出来事から

直接側にいて守ってあげることは簡単でないけど、

起きた問題をチャンスに変えて、

一つ一つ、成長の糧にしていけたら

それっていいですよね。

 

今日はそんなお話です。

 

☆☆☆

夕方、3歳の子どもが夕食の準備をしている私に泣き顔で訴えました。

「ママ〜今日、保育園で○○くんから叩かれたの」

その子の名前がポジティブでない出来事として出るのは三日連続。

 

今まではたわいもないオモチャの取り合いくらいのものだと

まずは子どもの訴えに共感する形で話を聞いていました。

 

でも、なんとなくその日は感じるものがあって

料理の手を止めて、

方眼ノートを取り出し、向き合って話を聞くことにしました。

 

「○○くんが叩いたの」

「○○くんが叩いたんだね。それで…?」

 

方眼ノートの書き方に沿って話を聞いて行きました。

一つ一つ丁寧に聞き取り、

ノートに子どもの言葉を書き込んでいきます。

私と子どもの間に、ノートが書かれていきます。

 

 

すると、事実が浮かび上がってきました。

 

要は

○○くんがブロックで車を作っていたのを、

子どもが「そんな車ないよ!」と言ったので、

○○くんが怒って叩いてきたのだそう。

 

どうしてそう言ったのか聞くと、

「形が変だったから」と。

 

(それ、アンタも大概やがな…)

 

心の声は内に留めて

「もしあなたがブロックで車を作っているときに

その形が変だからと思われて

『そんな車ないよ!』って言われたらどう?」と聞いてみました。

 

すると

「イヤ…」と。

 

「じゃあ、これからどうしたらいいんだろうね?」

と言うと

子どもはちょっと考えて、、、

 

 

「まっ、お互い様やな!」と満面の笑みで笑ったのです!

3歳児、言うね!!>▽<

 

あまりの意外な言葉にビックリ!

思わず私、爆笑してしまいました!

子どもも爆笑!

 

その後は子どもも○○くんにそのようなことを言うこともなくなり

叩かれることもなくなりました。

 

☆☆☆

昼間の出来事を訴える泣き顔の子どもが

笑顔になって

親も爆笑できた。

 

実はこれ、カンタンだったんです。

大事なことは、ホップ・ステップ・ジャンプ♪

 

そんなホップ・ステップ・ジャンプで笑顔になれる書き方で

ノートに書いたことなんです。

 

後から思うと、この出来事、結構すごいことだったなって思うんです。

3歳児でも自分の非に自分で気づけた。

 

私が「こうしなさい」と指導することなく。

これ、ウチの子がスゴイ、とかでは全然なくて、

 

これってこのノートの取り方で、

しかも子どもが字が読めなくても

子どもの目の見えるような形で

ノートの上でコミュニケーションが進んだことが

脳科学的にもかなり大きな意味があるんです。

 

私はこのノートがあるので、

今後、子どもにどんなことが起きても大丈夫って思えています。

 

子どもの話をちゃんと聞くこともできるし、

自分の気持ちも整理することができるし、

夫にもわかりやすく共有することもできるし、

先生に感情的にならずに伝えることもできる。

 

子育てにおいて、「どんなことが起きても大丈夫」

って思えるって本当に安心です。

 

私の大事なあなたが

もしも子育てにおいて「安心じゃない」を感じているのだとしたら、

ぜひ、これを手にとってもらえたら嬉しいのです。

 

ママが方眼ノートを持って子育てできるって

本当に心強いことだと思っているので^^

 

大事なあなたと一緒に、

子育てを安心感の中で楽しんで行きたいな、って思うんです。

 

もしもピンと来られたら、

ぜひこのチャンスをゲットしてくださいね!

 

子育てママの7つのお悩み解決ノート
<認定 方眼ノートベーシック講座>

●1DAYコース
2月15日@名古屋市
3月23日@宇部市 ←新日程
4月26日@東京 ←新日程

●2DAYsコース
3月26日、30日@美濃加茂市
↓詳細はこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/mihotadakuma

●方眼ノートプレミアム体験会
2月25日@美濃加茂市
↓お申込みはこちら↓
https://wakuwakulifesupport.com/方眼ノートプレミアム体験会%E3%80%802%EF%BC%8F25/

Related Entry

「考える」がわかった!

学びのシェアの効率60倍以上?

できなかった時こそできていることに○をつける

自分のこれからに目を向けられるようになった!

朗報! 麹町中学校の教育を自分でする方法

肩の力を抜いてもいいと思えた