こんなプレゼンの手があったか!

子「ママの好きな講座は何?」

私「え!そんなの今聞かれたら当然、今まさに開催期間中の方眼ノートトレーナー養成講座だよ!!!」

子「どうして好きなの?」

子「よくぞ聞いてくれました!

方眼ノートトレーナーを手渡すってことはね、

『教えない教育』

を手渡すってことで云々(熱く語る)」

・・・

子「僕の好きなおもちゃも聞いて!」

私「え?ああキミの好きなおもちゃは何?」

子「ポケモンのレゴ!!」

私「え?そんなの持ってないよね?」

子「うん。どうして好きか聞いて」

私「(ちょっと読めてきた^^;)

  どうして好きなの?」

子「だって、ポケモン大好きだし、レゴも大好きだから」

私「なるほど、なるほど。

で、これいつもの流れで『で、どうする?』って聞いてほしい感じ?」

子「うん」

私「(やっぱり笑)で、どうする?」

子「買ってほしいの。」

私(ほらきたーーー><)

 

いや、ビックリしました。

私の好きなものを聞くところからの

まさかのプレゼンへの流れ、

仕組まれました!(>▽<)

 

だがしかし、今すぐにおもちゃを買う予定はなかったので、

このタイミングでは買わないのですけれどもね。

 

 

ちなみに、

プレゼン=伝えたいことを言って相手から「Yes」と言ってもらう

ということができたら、

それって嬉しいですか?

 

私、言いたいことをうまく伝えられず、

帰宅後の夫にもあまりにもダラダラ話すので呆れられ、

仕事上でも「この用件を伝えるには電話かな、メールかな」と

どちらにしてもうまく伝えられる自信がなくて

そもそもの手段から2、3日平気で悩んでいたんです。

 

それが

プレゼンの鉄板の型を手に入れて

夫には言いたいことを30秒で伝えられるようになり、

電話では思い立ったら即かけて5分で用件を伝えて

「YES」と言ってもらえるようになったんです。

おかげさまで仕事の効率も上がりました。

 

そしていつの間にか、教えもしないのに

子ども(4歳)もプレゼン上手になっていました(>▽<)

普段の会話がもう、ある意味プレゼンになっているからかも!

 

そんなプレゼンの鉄板の型も手に入り、

勉強・仕事・子育てが劇的に変わるカンタンな方法、

方眼ノート1DAYベーシック講座

にてお伝えしています♪

 

方眼ノート1DAYベーシック講座

https://peraichi.com/landing_pages/view/mihotadakuma

 

 

 

Related Entry

みのかも女性活躍支援センター「リオラ」の3つの魅力とは?

避難所で乳幼児抱えて安心して過ごせるのか?

主体的であることの力強さ

子どもにキレずに「これも教育費」と発想を変える

親子ダンスで大の字ジャンプ!

ぱんだパン

ここにもとみぱんパンの仲間が!